天上の花

彼岸花は彼岸花科の花で、秋の彼岸頃に咲くことからこの名で呼ばれ、
別名を曼珠沙華(マンジュシャゲ)といい天上の花とされています。
c0088737_0304433.jpg
田や畑に咲いているのには理由があり 彼岸花の球根には、アルカロイドの一種のリコリンという毒性があり 強烈な臭いと毒があって、モグラやネズミから農作物を守っていたそうです。
c0088737_041191.jpg
彼岸花は葉のあるときには花はなく、 花のときには葉がない。このことから「花は葉を思い、葉は花を思う」という意味で 韓国では「サンチョ(相思華)」と呼ばれて親しまれています。
c0088737_0424935.jpg
花言葉:想うはあなた一人、悲しい思い出
[PR]
by yokoy26 | 2006-09-29 00:43 |
<< 秋模様 夕暮れに吹く風待ってみました♪ >>